家庭持ちセミリタイヤをめがけて

会社に縛られずに生きたい!家庭も持ちたい!わがままを叶えようともがくお話

MENU

海外ドラマ「レクティファイ」観ました(4)

Hola!

海外ドラマ「レクティファイ」観終えました。

f:id:beaglapple:20190420120446j:plain

前回の記事

海外ドラマ「レクティファイ」観ました - 家庭持ちセミリタイヤをめがけて

海外ドラマ「レクティファイ」観ました(2) - 家庭持ちセミリタイヤをめがけて

 海外ドラマ「レクティファイ」観ました(3) - 家庭持ちセミリタイヤをめがけて

 

以下、ネタバレ注意!

 

 

 

実家を離れ、就職して、新しい仲間と新しい恋人。

短い間にいろんなことが起こる。

環境が変われば人は変わる。

特に人間関係の影響は大きい。

 

人は鏡と感じることがある。

自分の表情や態度、言葉使いが相手に伝わる。

伝わり方によって相手の表情、態度、言葉遣いが変わる。

自分の表情なんて意外にもわかっていないので、相手の反応を通して知ることがよくある。

 

ダニエルも他人を通して自分を知り、成長していったのだと思う。

 

”他人に迷惑をかけ続ける自分に価値はないと思っていた。

でも、最近、こんな僕を気にかけてくれる皆を失望させないようにしたい。そんな責任を感じるようになった。”(要約)というシーンがある。

 

自分の心しか見ていなかったのに、皆の心に目を向けるようになった。

さらに、皆の心を感じとり、生きる力にすることができるようになった。

こんな成長はなかなかない。

強い人間だ。

 

クロエの支えもあって、セラピーを受けることができた。

これから、トラウマと上手く付き合っていけるようになるでしょう。過去を克服し、残りの人生を穏やかで明るく生きていけるでしょう。

セラピーでは自分のトラウマを話し、それを録音し、飽きるまで聞くことを課せられる。トラウマは触れたくないものだけど、克服するには見つめ続けるのがいい方法なんだね。

 

このまま”普通”の人間になれたら、どんな人生を送るだろう。

クロエとその子どもと暮らしていくのだろうか。

倉庫係の収入は少ないけど、もはやそんなことは大した問題ではない。

周囲に理解者がいて、自由があれば十分でしょう。

 

実際、多くの人は際限なく収入を求めては、得られなくて苦しむ。私もそう。気が付けば、お金のことばっかり考えてる。最近は特に株。気にしすぎて良くない。

生きていけるだけのお金があればいいじゃない。

そう心から信じて生きていけたら、余計な悩みを抱えずに暮らせる気がする。

 

 

 

いいドラマでした。

いっぱい共感できた。

いろいろ考えられた。

ダニエルのように強くて美しい人間をずっと観ていたい。