家庭持ちセミリタイヤをめがけて

会社に縛られずに生きたい!家庭も持ちたい!わがままを叶えようともがくお話

MENU

暴落は2日で終了(仮想通貨投資)

f:id:beaglapple:20180120101032j:plain

 

おはよう。ビーグルです。

やっと土曜日になった。みなさん、一週間お疲れ様でした。金曜日、うちの会社の同僚達はみんな早く帰っていた。わたしは仕事が終わらなかったので残っていたけど、どうせ来週までかかる仕事なのだからあきらめて帰ればよかった。早く帰る雰囲気を壊してしまった気がして落ち込んだ。残業なんて嫌いなはずなのに!

 

 

 

 

 

 

さてさて大暴落後の仮想通貨はどうなったかな?

 

1/13~1/17の記事はこちら

www.beple.info

 

 

 1/18~1/19 ビットコイン

 大暴落は1/17で止まったようだね。翌1/18には約100万円→125万円(+25%)まで戻った。翌1/19では、125万円~135万円の範囲で落ち着いたように見える。今後、上げか下げか、どっちに向かっていくのか注目していく。

 

今までの大暴落は1~2日で終わって翌日に急激に値を戻す傾向がある。つまり、暴落は買い時だね。わたしは買い付け余力がないので、ただただ上がることを願ってみているしかない。下がったら塩漬けか、損切かのネガティブな選択肢になってしまう。そこで買い付け余力を残していると押し目買いができるので、ポジティブな選択肢を持つことができる。また、全力買いしないことによるリスク低減につながる。

 

常に買い付け余力を残す!これが教訓だね。

 

それに、買いのチャンスが無いと思うとつまらない。流行りの仮想通貨なんだから、もっと楽しみたい。

 

 

今回の大暴落が各国の仮想通貨規制を促すか?

今回の暴落で一体何人が財産を失ったことでしょう。そして、たった2晩で財産を失った人は平常心を持って生活できているでしょうか。難しいでしょうね。余剰資金で取引してるわたしですら慌てたのだから。今のペースだとまた来月くらいには起こる。そのたびに財産を失う人が出ていたら、社会がおかしくなってしまう。

「ビットコインで借金背負ってしまって、やけを起こした・・・」

という供述をさせる犯罪が起きる前に規制したほうがいいでしょう。昨日、yahooニュースでドイツとフランスが仮想通貨に規制を考えているという記事が出た。これから法規制が整うまでは規制が発表されるたびに暴落するでしょう。今後の投資ではそういう法的リスクを考慮する必要がある。

 

ますます投資が難しくなるなぁ

 

 

 1/18~1/19 ザイフトークン

 こちらもビットコインに連動して大暴落は1/17でストップ。翌1/18には0.68円→1.5円(+220%)となった。0.7円くらいで見ていたとき、ホント無くなっちゃうんじゃないかと思った。焦って損切りしなかったのが結果的に良かった。というか、値の戻し幅半端ないね!+220%って2.2倍じゃないか!やっぱり、買い付け余力は残しておくべきだ。そしたら暴落時に買えたのに。チャンス逃したな~。くやしい!またチャンスが来るはずなので取引所に入金しておこう。

 

 一見、ビットコインと連動しているように見えるけど、値動きの大きさは全然違うね!改めて感じた。やはり主要通貨にはないチャンスがマイナー通貨にはある。いろんな通貨に投資していくのは大変なので、ザイフトークンに絞って投資する。

 

 

その他通貨は(取引所Binance)

中国の取引所Binanceでも投資をしている。Binanceでは100種ほどの通貨を扱っているので、そっちの動きもチェックしてきた。基本的には前述したビットコインの動きと似ているが、暴落後の戻し幅は数%~300%まで様々。300%動く通貨を予め見極めるにはどうしたらいいだろうか。

 

 

最後に

仮想通貨投資を楽しむには余剰資金でやることが前提。生活資金を突っ込んで、値動きに人生をのせるようなことはしてはいけない。