家庭持ちセミリタイヤをめがけて

会社に縛られずに生きたい!家庭も持ちたい!わがままを叶えようともがくお話

MENU

楽しいことを共感できる人が必要

こんばんは。ビーグルです。

明日から仕事だと思うと、既にお腹が痛い。

会社以外で稼ぐ術を持っていないのだから、残念ながら這ってでも行かないといけない。

 

 

 

一生独身なら、会社じゃなくても、もっと低コストな生活をして、

気が向いたときに期間工やスキー場の住み込みバイトやっているだけで、

のらりくらり暮らせるんだと思う。

しかし、それを実行するには、

 

  好き勝手に人生を楽しませてもらう!

  それを誰にも邪魔はさせない!!

  その結果、一生独身になったとしても、やむなし!

 

 

そんな決意が必要であろう。

そういう決意のある人は少なくないと思う。

そういう生き方もアリだとは思う。

 

 

ただ、わたしには一生独身ってのが無理!

 

 

一人で旅行に行ったとき、何日も一人で過ごしていると、

なんだか虚しくなってくる。

 

 

一人は気楽だし、好きなところへ好きなように行ける。

自由を謳歌できてすごく心地いい。

今まで狭いところで生きていたな。

世界は広いなとか、心を開いて感じられる。

だけど、ひとしきり楽しんだ後、違うことを考える。

 

 

  今、楽しい時間を過ごしている

  これが一生続いたらどうだろう

  自分の感じたことを墓場まで持って行っちゃうのかな

 

 

そうなったら虚しいな~

楽しいことは誰かと共感したい!

共感まで行かなくても、心から聞いてくれる人がいてほしい!

心から聞いてくれる人は、お互いに認め合っている。

そんな深い仲になるのは恋人か奥さんしかないんだと思う。

(親友もあり得るかな?)

そういう人と大きな不自由なく暮らしていきたい。

 

 

多少の不自由だったらいい。例えば、海外旅行に行けない、

車を持てない、広い部屋に住めない、外食に頻繁に行けない、とか。

ものすごい不自由ってのは、電気・ガス・水道が止まる!とか、明日のご飯が無い!とか、そういうレベルのことで、そこまで行くと辛い。だけど、稼ぎが無ければいずれはそうなる。

そんな理由で、会社には這ってでも行かないといけない。(冒頭の話)

 

 

以前見た「イントゥ・ザ・ワイルド」っていう映画がある。

主人公は、物が溢れる社会に嫌気がさして、

大学卒業後、アラスカの人の来ない大自然の中でキャンプを始めてしまう。

その中のセリフで、「幸せは共感して初めて現実になる」とあった。

(結構前に見たからうろ覚え)

 その通りだなって、これ書きながら思った。

 

 

話が少し変わるけど、

会社員で家庭を持っている人は、どうやって家庭を保っているんでしょう。

 

 

わたしは最近、毎日の出勤は這って行く状態なので、気持ちに余裕は当然ない。

だから、もし家庭を持てたときのことを考える。

 

 

平日の帰宅は9時くらいになる。そこからメシ・フロをこなし、空いた時間にtwitter・・・ではなく子どもの世話をする。世話に手一杯になるから、嫁との会話は少なくなる。嫁も子育てストレスをため続けて、そのうちに嫁との関係に壁ができ始める。会社でも家でもリラックスできない毎日を繰り返していけば、いずれ発狂して、朝、出勤と言って家を出たまま失踪しちゃうと思う。

 

 

確実に心も体も余裕無くなる中でどうやって良好な家庭を築くの?

みんなどうやってるの?

会社を定時で上がれるならやっていける?

子どもの顔見れば疲れが飛ぶの?

そもそも良好じゃない家庭だけど、ギリギリ家庭崩壊しないラインをだましだましで過ごしている?

 

 

わたしは発狂しないように、対策考えないといけない。

 

f:id:beaglapple:20171119220323j:plain